四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄

2021年の大化け期待銘柄

SANEI(6230)
同社は水栓部品を中心に、水回り製品の企画、製造、販売を手掛けています。住宅設備関連の仕事に携わっている方やDIYが好きな方であれば、同社の商品を一度は使ったことがあるのでは。そういう私もDIY女子ゆえ使ったことがあります。

古河電池(6937)
古河電池(6937)の「再エネ蓄電向けでバイポーラ型鉛蓄電池の開発進め21年度試験出荷。リチウムイオン電池より安価を訴求」と、三洋化成工業(4471)の「【次世代型】当社関係会社とソフトバンク子会社の協業で、全樹脂電池を用いた高密度の蓄電池開発で合意」である。

タマホーム(1419)
木造の注文住宅が主力事業ですね。テレビCMでもおなじみかと思います。4期連続増配中で、今2021年5月期も増配予想。4月12日には今期増配幅の拡大を発表しました。『会社四季報』春号では当社の今期業績について、「主力の注文住宅は高単価の期間限定品が想定上回り、戸建て分譲好調」とあります。